読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はどんなことしようか

ちょっとずつ書いていきます。 タイトルは大好きな曲の歌詞から。 

GPS将棋の分析その2

王座戦第3局もGPSさんの解説ありました。

 

GPS将棋のいいところ

・場面ごとの形勢判断がよくわかる

iphoneでもリアルタイム観戦が無料でできる

などなどたくさんあります。

 

さて、

 

局後の感想から。


※局後の感想※
▲1五桂(59手目)と打たされた局面は先手がひどい形に見える。羽生も「桂を打たされてしまったので」と話した。だが、実際は大変な勝負だったようだ。羽生は△3四歩(72手目)に対する応手を誤り、明快な順を逃す。しかしまだ難しい。△5九馬(78手目)には▲2八玉と逃げたほうがまさった。感想戦で敗着とされたのは▲6六角(81手目)。羽生は「角を打ってしまったのではっきりしましたかね」と話した。感想戦は23時過ぎに終了した。

 

GPS将棋の評価によると

https://twitter.com/gpsshogi

 

80手目△2六馬の段階では+72とむしろ、先手有利という判断だったが、81手目で-613とはっきり後手有利になってしまい、実際にこの通りに展開してきました。

 

78手目については見解が違っていて、△5九馬の時点で‐44と気持ち後手有利ですが、▲4六玉が正着としていて、実際にそのあとでは+60と特に悪くなってはいません。

 

この辺、実際、また、GPSと対戦して検証してほしいなー!